小島瑠璃子(こじるり)の筋トレ批判はA子へのマウント?キングダム作者略奪愛疑惑は?

小島瑠璃子 筋トレ 批判 キングダム 略奪愛芸能

こじるりこと小島瑠璃子さんは、漫画「キングダム」の作者・原泰久先生との熱愛で話題になりました。

そんな中小島瑠璃子さんが筋トレする人を批判したことで炎上してしまいますが、実際は筋トレする男性への批判ではなく別の目的があったと言われています。

それは原泰久先生と以前不倫していた「A子」へのマウントだったとか?そもそもA子はいったい誰でなぜ小島瑠璃子さんの標的になったのでしょう。

また小島瑠璃子さんと原泰久先生の熱愛が略奪愛ではないかという疑惑も。真相に迫ります。

スポンサーリンク

小島瑠璃子(こじるり)の筋トレ批判はなぜ?

小島瑠璃子さんの筋トレ批判炎上が起こったのは、2020年4月21日でした。
小島瑠璃子さんが板野友美さんと一緒にインスタライブを行い、好みの男性のタイプを話している中で「筋トレが一番世界で意味わからない」という発言をしていたのです。

他にも「男なら使える筋肉を持っといてほしい」「暴漢に襲われたとき筋肉見せたって意味がない」などと、総じて“筋トレはダサい”という発言を繰り返していました。

この小島瑠璃子さんの発言で主に筋トレをしている男性から批判が集まり炎上状態となってしまいました。

その後小島瑠璃子さんは自身のツイッターで謝罪し、「好きなタイプの話なので筋トレをしている人の人間性や本質を否定しているわけではない」「ムキムキがタイプじゃないだけ」と釈明しています。しかし釈明文の書き方がさらに炎上を招いてしまっています。

もっとも、ツイッターの有名筋トレアカウントの方々はそこまで怒っているわけでもないようです。

芸能人の発言はこのようなちょっとしたことでも炎上のもとになってしまいますので、小島瑠璃子さんも気を遣っているはずです。「筋トレって意味わからない」とあからさまな発言をすれば炎上しそうなのを小島瑠璃子さんもわかっていそうですが、なぜこんな筋トレ批判発言をしたのでしょうか。

実は小島瑠璃子さんが筋トレ批判の“標的”にしていた人がいるようです。次の章で詳しく解説します!

スポンサーリンク

小島瑠璃子(こじるり)が筋トレ批判したA子とは?

小島瑠璃子さんが筋トレ批判で標的にしていたのは、実は筋トレをしている世の中の男性ではなく、元アイドルのA子という人だと言われています。

A子は、小島瑠璃子さんと熱愛発覚したキングダムの作者・原泰久先生が以前不倫していた相手で、このA子さんの趣味が筋トレだったので、どうしても小島瑠璃子さんは筋トレに関して一言モノ申したかったのだということがネット上で推理されていったのです。

ではA子とはいったい誰なのでしょうか。

2020年8月26日の週刊文春の記事で原泰久先生が小島瑠璃子さんと交際する前の不倫相手だったA子について書かれており、テレビ共演がきっかけで交際に至ったとされています。

当時原泰久先生は既婚者で、A子にも婚約者がいたそうです。2人は2018年ごろから不倫関係にあり、A子は原泰久先生と結婚するため2020年5月に芸能界引退し、婚約破棄までしていました。

ネット上ではA子は元アイドルで実業家の小日向えりさんだと言われています。その理由は原泰久先生と小日向えりさんのテレビ共演が実際にあったことと、小日向えりさんの芸能界引退時期が記事と一致することです。

原泰久先生と小日向えりさんがNHKの歴史教養番組で共演していたことがあり、原泰久先生が2013年に集英社のパーティに小日向えりさんを誘っていたという記事も出ています。

小日向えりさんは三国志や日本の戦国時代などに造詣が深い歴女アイドルでした。原泰久先生が描いたキングダムは古代中国が舞台の作品なので、歴史の話で盛り上がったのでしょう。

小日向えりさんが所属事務所のサンミュージックを退社したのは2020年5月でした。

そしてここで冒頭の小島瑠璃子さんの筋トレ批判の話に戻るのですが、小日向えりさんは現役時代にお腹にシックスパックができるほど筋トレに取り組み、SNSにも筋トレについての投稿をしています。

小島瑠璃子さんは筋トレに励んでいた小日向えりさんをあざけり、マウントをとる目的で筋トレ批判発言をした、というのがネット上では有力な見方となっています。

スポンサーリンク

小島瑠璃子(こじるり)とキングダム作者は略奪愛?

小島瑠璃子さんとキングダム作者・原泰久先生の熱愛が報じられたのは2020年7月31日のポストセブンでした。

それまで原泰久先生は既婚者で小日向えりさんと不倫もしていたとされているのですが、小島瑠璃子さんとの熱愛報道時には離婚していたことが判明しています。そのため、キングダムのファンの間で小島瑠璃子さんによる略奪愛なのではないか、という声も出ていました。

しかし、原泰久先生の親族が「離婚の相談があった」「2019年冬に離婚したので小島瑠璃子さんは関係ない」と、小島瑠璃子さんの略奪愛を否定しています。

となると小島瑠璃子さんが“略奪愛”をしたといえる相手は、原泰久先生の元妻ではなく小日向えりさんと考えるのが自然です。ゆえに、筋トレ批判発言につながったのでしょうね。

小島瑠璃子さんは、熱愛発覚前の2020年6月14日に意味深なツイートをしています。

これは当時再放送されていた名作ドラマ「愛していると言ってくれ」の台詞のひとつです。

原泰久先生との熱愛発覚後に、小島瑠璃子さんのこのツイートが「A子や元妻へのマウントではないか?」と噂されるようになりました。

さらに熱愛発覚語の8月2日にはA子こと小日向えりさん側にも動きがありました。小日向えりさんのツイッター上で“許せないことがあり5日間ご飯が食べられなかった”と書き込みがされていたのです。

この投稿に関して文春から取材を受けたA子は「一時は感情的になって」投稿したものの自分が原泰久さんや小島瑠璃子さんを批判する権利はない、と釈明しています。また、「相手を許す強さを持つ」とも書き込んでいました。

推測ですが、ツイートの5日前である7月28日ごろに、原泰久先生から別れを切り出されたり、小島瑠璃子さんとの熱愛が週刊誌記事になることを告げられたのではないでしょうか?

“感情的になって”と言っている以上、小島瑠璃子さんや原泰久先生に対する怒りがあるのが見て取れますね。

スポンサーリンク

まとめ

小島瑠璃子さんの筋トレ批判発言や略奪愛疑惑についてまとめました。

小島瑠璃子さんの筋トレ批判発言は、かつて原泰久先生と交際していた小日向えりさんを揶揄してものだった可能性があるのですね。ネット炎上に対する見方が厳しい芸能界で、あえて筋トレ批判発言をし元交際相手へのマウントをとるとは、小島瑠璃子さんの肝の据わり方はすごいですね。

芸能
スポンサーリンク
あいりすをフォローする
スポンサーリンク
IRIS LOG
error:
タイトルとURLをコピーしました