北乃きいは11人兄弟?衝撃の家族構成と生い立ち・母3人の噂

北乃きい 兄弟 母芸能

ドラマ・映画・舞台で女優として活躍する北乃きいさん。
実は兄弟がたくさんいて、北乃きいさんはその長女です。

大家族の様子をインスタグラムに投稿したことが話題になっていましたが、親子に見えるほど年齢の離れた兄弟もいます。

なぜこんなに兄弟が多いのかという理由に、北乃きいさんには母親が3人いるという噂もあります。

今回は北乃きいさんの兄弟について、家族構成・生い立ちなどを含め紹介します。

スポンサーリンク

北乃きいのプロフィール

生年月日:1991年3月15日
出身地:神奈川県横須賀市
血液型:O型
身長:158㎝

北乃きいさんの本名は「松村沙也加」さんといいます。

14歳だった2005年、10代の女の子向けファッション誌の「Hana*chu→」でモデルデビュー。同年に少年マガジンの表紙を飾る「ミスマガジン」のグランプリに選ばれています。

また、ドラマ「恋する日曜日」で女優デビューも果たしました。

北乃きいさんは男の子・女の子双方に人気のあるティーンモデルだったんですね。

その後、2007年には映画「幸福な食卓」で映画初主演、日本アカデミー賞の新人俳優賞を受賞しています。
また、ドラマ「ライフ」でもいじめに抵抗するヒロインを好演し、10代の若さで演技派女優として知名度を上げていきます。

北乃きいさんの出身高校は、芸能人を多数輩出している日出高等学校です。
同級生には菊地亜美さんがいます。

スポンサーリンク

北乃きいの兄弟は11人。家族構成について

北乃きいさんは、2018年4月に放送された「世界の村で発見!こんなところに日本人」で自身が10人兄弟の長女であると明かしました。

その中でも、血がつながっているのは2歳年下の弟ただ一人だけだそうです。
この弟はアニメやゲームが好きで、北乃きいさんが出演したライトノベル原作の映画「僕は友達が少ない」のファンでもあるとのこと。

北乃きいさんによるとこの2歳年下の弟は落ち着いた性格で、一緒に食事に行くとアニメやゲームの話題で盛り上がるオタクな男性ということです。

10人兄弟という人数ですので、中にはとても年の離れた小さな弟や妹もいます。
北乃きいさんは17歳年下の響くんという弟におもちゃを買い与えたり、テーマパークに連れて行ったりと溺愛している模様。

また、一番年下の妹は2012年生まれで、北乃きいさんとは21歳離れています。
ここまでくるともはや親子といってもいいですね。
北乃きいさんはこの妹さんについて、「女の子だから、響と違う成長ぶり」とまるで母親みたいなコメントもしています。

更に、2021年3月21日に北乃きいさんは1月に妹がまた生まれていたことを公表。なんと30歳差の妹で、北乃きいさんは11人兄弟となりました。

北乃きいさんの家族構成は、父親・母親と本人、10人の弟・妹ということになりますが、兄弟のうち9人が北乃きいさんと血がつながっていないということです。
複雑な事情がありそうですが、いったいなぜこんな家族構成になっているのでしょう。

スポンサーリンク

北乃きいに母親が3人いるという噂について

北乃きいさんの母親は3人いるという噂があります。
北乃きいさんを産んだ母親と、継母が2人ということです。

実は、北乃きいさんを産んだ母親は、北乃きいさんが幼いころに亡くなっています。
その際に北乃きいさんと2歳下の弟は、祖父母に引き取られ育てられたそうです。

母親3人の噂の要因は、継母が2人いるということではなくて、おばあさんが母親代わりとして北乃きいさんを育てたということからきているようです。

北乃きいさんは14歳の芸能界デビュー時、CMの仕事でもらった初めての給料で祖父母の家の洗濯機を新しく買ったというエピソードがあります。
北乃きいさんは祖父母をとても大切にしていたのですね。

北乃きいさんの祖父が2007年、祖母が2008年に相次いで他界され、現在は父親の再婚相手の女性が正式に北乃きいさんの母親となっているとみられます。

スポンサーリンク

北乃きいの父親と継母は?

北乃きいさんの父親は一般人のため詳しいことはわかりませんが、1970年生まれの方という情報があります。

奥さんを早くに亡くし、祖父母に北乃きいさんら2人の子供を預けざるを得ない状況から、おそらく仕事がかなり多忙だったのでしょう。

父親と再婚したのは同級生の女性だったそうで、その女性との間に8人もの子供に恵まれたということですね。

まだ小さい子供も多く大変な日々を送られていると想像します。

なお、北乃きいさんの父親は極真空手の茶帯(3級~1級)を持っているとのこと。
北乃きいさんは格闘技が好きで、空手経験者のお父さんとじゃれ合って背後から首に技をかけられるなんてこともあったとか。

父親の再婚となると、北乃きいさんと継母の関係がどんなものかも気になりますね。

一般的に継母と関係を築くのは難しいイメージがありますが、北乃きいさんと継母はそんなことはなく、北乃きいさんの仕事場に継母が差し入れを持ってきてくれたり、買い物に一緒に出掛けたりと“友達”に近いともいえる関係で、仲は良いということです。

また、兄弟と年が離れているとついつい母親のような目線になってしまいがちなところですが、北乃きいさんは年が離れた兄弟ともあえて兄弟げんかをすることで、母親目線にならないよう気を付けているようです。

北乃きいさんはおそらく弟や妹たちに何でも買ってあげられるような経済力がありますが、そうしてばかりでは実際の母親である継母の立場がなくなってしまいます。北乃きいさんなりに継母を立てて、家族の関係がいびつにならないよう気を遣っているのですね。

スポンサーリンク

北乃きいの生い立ち、いじめエピソードと「ライフ」

そんな北乃きいさんですが、実は中学生時代にいじめを受けていたことを公表しています。
そしてその経験がドラマ「ライフ」での、あの迫真の演技を作り上げていたのです。

北乃きいさんが母親を失い、祖父母に引き取られたのは4歳ごろのことでした。
その後、中学入学後の13歳から芸能活動のため東京で一人暮らしを始めています。

このような一般的な子供と違う生活状況が引き金となってしまったのか、中学生の頃はいじめを受けていました。

しかし北乃きいさんはいじめに屈することはなく、「学校を休んだら負け」とまで考えていたとのこと。
また、その際に出会った友達に勇気をもらったこと、いじめとの闘いをテーマにした漫画「ライフ」と出会ったことが北乃きいさんの支えになっていました。

そして2007年に「ライフ」がドラマ化され、北乃きいさんは主演の歩役に選ばれたのです。
運命的ですよね。

北乃きいさんは主人公の「歩」が、いじめを受けながらも友情を手に入れて成長する姿に心を打たれていて、自身の経験を重ね合わせていたのです。

いじめっ子から水をかけられたり物を投げられる等ハードなシーンでの撮影は、「演技でなく涙が出る」と北乃きいさんにとって苦しいものとなりましたが、この熱演が北乃きいさんの演技派女優としての地位を確立する大きなきっかけとなっています。

スポンサーリンク

まとめ

北乃きいさんの11人兄弟について、家族構成や生い立ちのエピソードについてまとめました。

複雑な家庭事情やいじめにも負けず女優として輝いている北乃きいさん。
こうした経験があるからこそ北乃きいさんの存在感にも光るものがあるのですね。

これからも母親のようなまなざしで小さい兄弟たちを守っていってほしいです。

コメント

error:
タイトルとURLをコピーしました