年賀状の一言メッセージ(添え書き)文例!英語やコロナ対応もチェック

年賀状 一言メッセージ 添え書き暮らし

年賀状を書くときには、あらかじめ絵柄や文章が印刷されたはがきを使う方が多いと思います。

年賀状はがきの余白に、一言気の利いた添え書きメッセージが入っていると嬉しいですよね。

年賀状を送る相手は友人や親族、勤め先関係など様々だと思いますが、それぞれの相手にあった一言添え書きの文例を紹介します。

また、英語での一言添え書きも合わせてご覧ください。

スポンサーリンク

年賀状の一言添え書きメッセージのマナー、書き方のポイント

年賀状は新年を祝い、相手の健康・幸せを祈る言葉を送るものです。

キレイに印刷された年賀状を受け取っても、手書きの文が無くて、「めんどくさいのかな?」「私のことあまり好きじゃないのかな?」という印象を受けた、という経験がある人は多いのではないでしょうか。

そうならないように、年賀状に一言添え書きメッセージを添えることで、丁寧さや温かみ、自分の素直な気持ちを込めることができます。

特に、一言添えたいのは相手への日ごろの感謝や、自身の近況報告、相手の健康を気遣う言葉です。

相手に失礼がないように、以下のポイントを抑えておきましょう。

あいさつの言葉は不要
・「拝啓・敬具」などの頭語・結語
・「こんにちは」などの挨拶
・「新春の候」など時候の挨拶

不吉なことを連想する忌み言葉を使わない
・死、別、失う、去る、絶、切れる、など

ポジティブな内容を書く
・離婚、病気などの話題は避ける
(どうしても伝えたいならLINEなどの別手段で)
・相手が家族に年賀状を見られたら困るようなことは書かない

スポンサーリンク

年賀状の一言添え書きメッセージ例文:定番編

どんな相手にも使える定番メッセージです。

「楽しいお正月をお過ごしください」
「○○さんにとって良い一年になりますように」
「○○様のご健康とご多幸をお祈りいたします」

スポンサーリンク

年賀状の一言添え書きメッセージ例文:友人編

よく会っている・連絡を取っている友達編

親しい幼馴染や気の合うママ友には、日ごろの感謝や新年に一緒に行きたい場所などの具体的な提案を書くのがおすすめ。

「いつもありがとう!今年もよろしくね」
「また飲みに行こうね」(ランチ、ご飯、お茶など)
「今年は○○に行きたいね」

しばらく会ってない友達編

なかなか会えない人には、まず元気で過ごしているか気にかけてあげたいものです。

「お元気ですか?久しぶりに会いたいね」
「ご無沙汰です!元気ですか?」

スポンサーリンク

年賀状の一言添え書きメッセージ例文:親戚編

しばらく会ってない親戚編

頻繁には会わずお互い近況がわからない親戚には、少しかしこまって、かつ健康に気を遣った文章が無難です。

「皆様お変わりありませんでしょうか」
「長らくご無沙汰しております」
「寒い日が続きますのでお体にお気を付けください」

おじいちゃん、おばあちゃん(祖父母)編

おじいちゃん、おばあちゃんにはとにかく寒い冬も元気に過ごしてほしいですよね。自分は元気でやっている、会いに行くねというのも安心させてあげることができます。

「おかげさまで私は元気に過ごしているよ」
「春休みにそちらに行くから楽しみにしていてね」
「寒いから体に気を付けてね」

配偶者の実家(義両親)編

配偶者の両親へは、いつもお世話になっていることへの素直な感謝や、子供がいればその話題を盛り込みましょう。やっぱり孫のことがあるとご両親は喜ぶと思います。

「いつもよくしていただき感謝しております」
「○○(子供)が元気に育っているのはお父様お母さまのおかげです」
「○○(子供)を連れて帰省するのを楽しみにしております」

スポンサーリンク

年賀状の一言添え書きメッセージ例文:職場編

上司へ日ごろの感謝編

上司に対しては日ごろの感謝を真っ先に込めましょう。具体的な仕事の思い出をつづったり新年の抱負を盛り込むのもいいですね。

※目上の人へ年賀状を送るときは、「謹賀新年」など4文字の賀詞が入った年賀状を使い、元旦に届くようにしましょう!

「いつも相談に乗ってくださりありがとうございます」
「○○さんを見習って今年はさらに結果を残したいです」
「本年もご指導ご鞭撻の程よろしくお願いいたします」

同僚、後輩編

普段からタッグを組んでいる同僚や、指導している後輩に年賀状を送るときは、一緒に頑張りたい旨を盛り込みつつ、よほど親しい仲でなければプライベートなことは避けるなど一線を引く必要があります。

「今年も一緒に頑張ろう!」
「いつも頼りにしています!」
「○○さんの仕事ぶりを見習って頑張ります!」

取引先・お客様編

お客様への年賀状は会社が用意する場合もありますが、お世話になっている取引先には一言添えたいですね。

「いつもお心遣いいただきありがとうございます」
「○○プロジェクトの際には大変お世話になりました」
「本年も変わらぬご厚誼のほどよろしくお願い申し上げます」
「○○様の一層のご活躍をお祈り申し上げます」
「貴社の一層のご発展をお祈り申し上げます」

スポンサーリンク

年賀状の一言添え書きメッセージ例文:近況報告編

自分が結婚したり子供が生まれたり、引っ越しをしたことを年賀状でお伝えする場合もあるかと思います。その際に使える添え書きの一覧です。

「私事ですが昨年○月に結婚いたしました これから2人力を合わせて頑張りますのでよろしくお願いいたします」
「私事ですが昨年○月に(長女、長男)が誕生いたしました 初めての子育てに毎日ワクワクしています」
「私事ですが昨年○月に新居へ引っ越しました お近くにお越しの際は遊びにいらしてください」

スポンサーリンク

年賀状の一言添え書きメッセージ例文:英語編

英語圏の国では、クリスマスの時期にニューイヤーカードというクリスマスと新年のお祝いを兼ねた手紙を送る文化があります。

外国の方々にも、日本の年賀状は大切な季節の挨拶として認識されています。もし外国人の知り合いや友人がいたら、英語で一言添え書きをするのはいかがでしょうか?

“Here’s to the New Year Cheers!”(新年を祝って乾杯!)
“Cheers to a great 2021”(素晴らしい2021年に乾杯)
“Have a happy new year”(良い新年を過ごしてください)
“Best wishes for the New Year!”(新年をお祝いいたします)

スポンサーリンク

年賀状の一言添え書きメッセージ例文:新型コロナ編

2020年は新型コロナの影響を受け、会いたい人になかなか会えなかったり外出自粛になったりともどかしい思いをした人も多いのではないでしょうか。2020年にあまり会えなかったあの人へ年賀状を出してみるのはいかがでしょうか。こんな時だからこそ、相手の人の状況に寄り添った一言を添え書きして送りたいですね。

なお、「コロナ禍」はわざわいの”禍”が入っていて、忌み言葉になるのでNGです。

「昨年はなかなかお会いできない状況でしたが またお会いできるのを楽しみにしています」
「一日も早く落ち着いた生活を取り戻せるようお祈りしております」
「お互いコロナに用心して元気に過ごしましょう」

スポンサーリンク

まとめ

年賀状の一言添え書きメッセージ例文を紹介しました。

キレイに印刷された年賀状でも、あなた自身の言葉が手書きで添えられているとぐっと温かみが増し、相手にとってあなたをより身近に感じてもらえるでしょう。

年賀状の枚数が多いと大変かもしれませんが、早めに準備して素敵な年賀状を出しましょう!

暮らし
スポンサーリンク
あいりすをフォローする
スポンサーリンク
IRIS LOG

コメント

error:
タイトルとURLをコピーしました