年賀状の連名での書き方は?宛名・差出人・ビジネス、何人まで?疑問解消!

年賀状 連名 書き方暮らし

結婚してから初めての年賀状で迷いがちなのが、宛名や差出人欄の夫婦連名での書き方ではないでしょうか。
また、友達からの年賀状も結婚後は夫婦連名で書かれているという場合もありますよね。

でも自分の旦那は友達を知らないし、私も友達の旦那とは付き合いがない…そんな時に連名で書くべきかどうかも迷いますね。

今回は年賀状の連名での書き方のマナーや、ビジネスでの連名の年賀状の書き方、何人まで連名にしていいの?など疑問にお答えします。

スポンサーリンク

年賀状の連名の書き方:どんな時に連名にする?

友達から届いた年賀状の差出人欄が夫婦連名だったとき、自分が出す年賀状も連名にすべきなのか迷いますよね。

家族ぐるみの付き合いをしている相手なら、こちらも連名にするのが違和感がないですが、自分の配偶者が友達とそれほど付き合いがないのであれば、無理に連名しなくても失礼には当たりません。

ただし、親戚関係に出す少しかしこまった年賀状の場合は、夫婦や家族で連名にするのが妥当です。
親戚関係も友人関係も多数年賀状を出すのであれば、連名でそろえたほうが印刷作業も楽に済むでしょう。

この連名の対応は、相手の宛名の書き方、差出人欄の自分の氏名の書き方両方に共通します。

スポンサーリンク

年賀状の連名の書き方:夫婦2人の場合

夫婦2人の連名で宛名を書くときに、夫婦の順番、左右にどんな書き方の決まりがあるのでしょうか。

伝統的には、中央に男性(旦那様)の氏名、その左側に女性(奥様)の名字を省略し名前だけを書き、それぞれに「様」を付けます。

自分の差出人欄の場合も、夫の氏名を中央に書き、その左に妻の名前だけを書きます。

現代では必ずしも世帯主が男性というわけではない夫婦も多いですが、一般的に見て不自然にならない書き方として、男性の名前を中央に書くのが無難です。

スポンサーリンク

年賀状の連名の書き方:家族(子供あり)の場合

年賀状の相手に子供がいる場合の書き方です。

上記の夫婦2人の書き方と同じように、旦那さんの氏名を中央からやや右よりに書き、その左に奥さま、その左にお子さんの名前を名字を省略して書きます。

敬称は、旦那さんと奥さんは「様」をそれぞれ付けます。
お子さんには、まだ小さいお子さんであれば(小学生くらいまで)「くん」「ちゃん」、大きいお子さんであれば「様」をつけます。

なお、お子さんの人数がとても多いとか、子供はあまり知らないという場合は夫婦の名前を連名で書くだけでも大丈夫です。

スポンサーリンク

年賀状の連名の書き方:ビジネス編

仕事で交流がある取引先にも年賀状を送ることがありますよね。同じ会社の複数の人と接点があるという人もいるかと思います。そんな場合に宛名を連名で書いてもいいのでしょうか。

結論としては、ビジネスの年賀状の宛名を連名で書くのはよくありません。
同じ社内で複数お世話になった人がいる場合は、それぞれの人に対して個別に年賀状を出すのがマナーです。

部署ぐるみで付き合いがある場合は「○○部御中」という書き方もできますが、相手先の会社の総務部など年賀状の仕分けをする人が困る場合があるので、その部署の代表者あてに送るのがいいでしょう。

御中でひとくくりにするよりも個人宛に年賀状を出したほうが良い印象を与えやすいです。

●ビジネスでの年賀状の宛名の書き方
・株式会社、有限会社などの法人格を省略しない((株)、(有)などはNG)
・宛名の書き方は右から会社名、部署名、肩書(役職)、名前(フルネーム)の順
(ありがちな書き方の間違いですが、個人宛の場合は会社名への「御中」は不要です)

スポンサーリンク

年賀状の連名、何人まで書いていい?

年賀状の宛名や差出人名を連名にするとき、何人まで連名にしていいのでしょうか。

何人まで連名にできるという明確な決まりはないですが、はがきの表面のスペースを考慮すると、多くても4人くらいが限界ではないでしょうか。

はがきのあて名を書くときのバランスのとり方として、郵便番号欄の前3桁分のスペースに収まるのがバランスがいいとされているので、その枠を超えてしまうとバランスがとりにくくなります。

相手の家族の人数がとても多い場合は、「(名字)家御一同様」、または世帯主(ご主人)の氏名・様を書いて左側に「ご家族ご一同様」という書き方が失礼にあたらずスマートです。

ネットでの年賀状宛名印刷サービスでも、5名以上の連名は受け付けていないケースが多いです。

スポンサーリンク

まとめ

年賀状の連名の書き方マナーをまとめました。
昔からの付き合いがある友達との年賀状が、結婚相手や家族の連名になるのは時の流れを感じますし、そんな風になっても付き合いがあるのがなんだかうれしいですよね。

相手方の親類の方に年賀状を見られて恥ずかしくないように書き方をマスターしておきましょう。

また、ビジネスでは連名ではなく個人宛に出すのがマナーです。ビジネスだけに書き方により一層気を遣って良い関係を継続したいですよね。

暮らし
スポンサーリンク
あいりすをフォローする
スポンサーリンク
IRIS LOG
error:
タイトルとURLをコピーしました