バレンタイン本命へ手作りチョコは重い?渡し方やおすすめレシピも

バレンタイン 本命 手作り 重い暮らし

バレンタインには片思いの人へ本命チョコを渡したいですよね!
でも、男性にとって手作りのチョコは“重い”と思われ好まれない場合もあるようです。

手作りより市販のもののほうが喜ばれるのでしょうか?

今回は、バレンタイン本命チョコは手作りだと重いのか、市販のほうがいいの?という疑問にお答えします。また、男性がグッとくるおすすめのチョコの渡し方や簡単手作りチョコのレシピもお届けします。

スポンサーリンク

バレンタイン本命へ手作りチョコは重い?

せっかくの本命チョコ、手作りのチョコで心を込めて告白したい、というのは乙女心ですよね。

ですが、実際にチョコを受け取る側の男性の気持ちってどうなのでしょう。

よく、手作りのニットって贈られて困るプレゼントだとも聞きますよね。
付き合ってもいない女性から手作りのプレゼントってやはり重いと感じられるのでしょうか。心を込めたはずの手作りのチョコで嫌われちゃうのも嫌ですもんね。

結論から言うと、手作りのプレゼントってそこそこ「重い」です。
想像してみてください。あなたがホワイトデーや誕生日、クリスマスなどに、男性から手作りのプレゼントをもらったらどう思いますか?

例えば、私は付き合って数か月の男性から、それまでの思い出写真をまとめた手作りのアルバムをもらったことがあります。
もらった当時は嬉しかったですが、別れた今となっては重く感じるしちょっと怖いですね(笑)

いかがでしょうか?さらに、贈ってくれた相手と自分がどんな関係かによって「重い」という感じ方が違うのではないでしょうか。
例えば上記のような手作りアルバムが、付き合って3日の男性から届いたら重いし速攻で捨てると思いますね。

スポンサーリンク

バレンタイン本命手作りチョコへの男性の本音:関係性が大事

私の知人男性(20人くらい)「バレンタインに手作りチョコは重い?」と聞いてみたところ、やはり相手との関係性によって感じ方に違いがあるようですね。

①妻、彼女、本命(両想い)の女性から
「素直にうれしい」「感動する!」という意見が多かったです。

現在お付き合いしている彼氏には、衛生面に十分気を付けて手作りチョコに挑戦する価値はあるでしょう!

②友人など親しい間柄の女性から
⇒少し意見が分かれ、重いと感じるかどうかは相手と具体的にどんな関係かによるみたいです。

相手の女性が料理上手とわかっていれば「嬉しい」と感じるという人もいますが、職場の同僚程度の関係だと、「重い」「怖い」「気があるのかな?と思っちゃう」とのことでした。

知り合いであっても、自分が好意を抱いてない女性から手作りをもらうと「困る」という意見も。

③親しい関係ではない女性から
⇒こちらはストレートに「重すぎる」「何が入ってるかわからないから捨てちゃう」という意見が大半でした。

スポンサーリンク

バレンタイン本命手作りチョコへの男性の本音:年代で差も

上記のように、相手との関係性によってバレンタインの手作りチョコを重いと感じる度合いが異なってくることがわかりました。

さらに、男性の年代によってもバレンタインの手作りチョコへの感じ方は異なるみたいです。

社会人が中心となる30代以上の男性では、手作りチョコを敬遠する傾向があります。

特に、職場で大勢に配るようなチョコは、衛生面を考えると市販のものにするのがいいでしょう。また、下手に手作りをして、あとからどんな噂が立つかわかったものではないというのも大人の事情です。

特に男性が気にするのは手作りチョコの衛生面です。「どんな環境で作ってるかわからないものを食べられない」という意見がネット上でも多く見られます。

また、「義理なのにわざわざ手作りするの?」と、やはり本命ではないのに手作りは重い、手作りゆえに「断りづらい」「お返しに困る」という意見もありました。くわえて交際相手や妻がいる男性だと「手作りをもらったのを見られたら誤解されてしまう」と迷惑がられてしまうケースも!

くわえて手作りチョコを渡して女性側が困りそうなケースとして、男性側が勘違いしてしまう可能性があるということ。女性経験の少ない男性ほど、手作りチョコをもらうと「自分に気がある」と勘違いすることでのちのちトラブルになる恐れもありますので注意が必要です。

社会人の男性で、本命ではない人に対しては手作りではなく市販のチョコを選ぶのが無難でしょう。

逆に、学生など20代以下の男性には、手作りチョコは喜ばれる傾向があるようです。女性にとっては本命チョコであっても、市販のものだと若い男性にとっては「本命」といった感じがしなく、義理チョコと思ってしまう人もいるとか。

とはいえ、チョコを渡したい相手が「本命」であるならば、やはり気持ちがこもるのは手作りチョコです。衛生面に十分注意し、味見もしっかりして手作りチョコを渡すのがいいのではないでしょうか。

それで「重い」と感じられて断られてしまうなら、そもそもその人と縁がないということなのですから…。

スポンサーリンク

バレンタイン本命手作りチョコの渡し方のコツは?

さて、実際に本命チョコを渡すときにも男性が「グッとくる」渡し方があるようです。

雑誌CanCamで取り上げられていた「グッとくるチョコの渡し方」をもとに分析すると、“少しオーバーなくらい恥ずかしがりながら渡す”“ストレートに好きと伝えながら渡す”というのが男性がグッとくる渡し方だとか!

1位:恥ずかしそうに、もじもじしながら
2位:顔を赤らめながら「義理チョコじゃないから っ」と言われながら
3位:顔を赤らめながら、上目使いで
4位:ストレートに「好きです」と言われながら
5位:目を潤ませながら

https://cancam.jp/archives/193081/3

6位:みんなにチョコを配っている時に「あなただけ義理じゃないから、みんなには内緒だよ!」と耳打ちされながら
7位:「ホワイトデーのお返しはいらないから、代わりに私とデートして」と言われながら
8位:息を切らして追いかけてきて
9位:帰り際に偶然を装って
10位:少し手を震わせながら

https://cancam.jp/archives/193081/2

「こんな人いるかー?」って思ってしまいますが、男性にとってはもじもじと恥ずかしがっている様子や、耳打ちやデートの提案など大胆な行動がグッとくるみたいです。本命チョコを渡す予定の人はこんな渡し方を参考にしてみてはどうでしょうか。

でも結局は、自分の素直な好きという気持ちをしっかり伝えながら、チョコを渡すのが最高だと思いますね!

スポンサーリンク

バレンタイン本命手作りチョコのおすすめレシピ

バレンタインの手作りチョコが敬遠されてしまう大きな理由は「衛生面」です。手作りを渡す立場として、手指や器具をしっかり消毒する、髪の毛など異物が混入しないようにするとった衛生面に気を遣うのは最低限のマナーです。

そして衛生面対策を徹底しても、せっかくの手作りがこんな状態だったら男性はドン引きしてしまいます!
・指紋がべたべたついている
・ワンホールのケーキ
・おいしくない(固すぎる、味がしない等)

さらに相手の好きな食材だからといって、丸ごと何か入れるというのもダメですよ。

そこで簡単に手作りできて指紋もつかず、美味しくできる手作りチョコのレシピ動画をご紹介します!

ガトーショコラ

ガトーショコラは焼き時間など手間はかかりますが、材料が少なく手作りしやすいチョコレートケーキです。小さめにカットしてキレイにラッピングしてお渡ししましょう!

トリュフ

トリュフを丸めるときは必ずラップを使用しましょう!コーティングをしたり、ココアやココナッツパウダーをふりかけるとキレイですね。

生チョコ

生チョコは簡単に市販のチョコのような洗練された見た目に仕上がります!

スポンサーリンク

まとめ

バレンタインの本命へ手作りチョコは重いのか?問題についてなどを紹介しました。

手作りだからこそ、プレゼントは気持ちがこもるもの。だから「重い」と感じられやすいですし手作りだけに衛生面などの責任も伴います。

それでも手作りを渡したい!という相手だからこそ本命なのですよね。この記事を参考に、衛生面などに十分注意して手作りに挑戦してみてはいかがでしょうか?家族で作るのも楽しいですよね。

error:
タイトルとURLをコピーしました