キンプリ岸優太は父子家庭?母親との関係や父の職業(お店)は?

キンプリ King&Prince 岸優太 父子家庭 実家 母親 父親 職業 店芸能

King&Prince(キンプリ)のリーダーとして活躍する岸優太さん。

王子様のような雰囲気でグループを常にリードしていますが、実は実家が父子家庭なのだそう。

岸優太さんはなぜ母親と離れてしまったのでしょう。また、岸優太さんは母親に対してどう思っているのか何度かインタビューで語っているようです。

岸優太さんを育ててくれた父親の職業が何なのかも気になりますね。父親は何かお店をされているという噂もあります。

今回は岸優太さんの父子家庭での生い立ちに迫ります!

スポンサーリンク

キンプリ岸優太の実家は父子家庭

岸優太さんは、2013年のテレビ番組「少年倶楽部」でプロフィール紹介をした際、家族構成が父・兄・妹と公開されていました。

岸優太さんの家族構成には母親が書かれておらず、父子家庭であることが明らかになったのです。

番組内では岸優太さんが父子家庭であることに触れられていませんでしたが、のちにメディアで岸優太さんが父子家庭で育ったことが取り上げられるケースが出てきています。

岸優太さんと同じひとり親のファンからも、

「私もひとり親だから辛さがわかる」

といった共感のメッセージや、

「岸君はそれでも笑顔を絶やさないでくれたんだ」
「岸君の周りへの気遣いや、仕事に熱を注ぐ姿や言動に温かみをより感じた」

といった、父子家庭という生い立ちを苦にせず、キンプリのリーダーを務めている岸優太さんへの称賛の言葉が寄せられています。

岸優太さんの実家が父子家庭となったのは、両親が離婚したためとみられています。しかし、岸優太さんの両親がいつ頃離婚したのかは明らかになっていません…。

ただ、岸優太さんが雑誌のインタビューで「小学生のころから料理をしてた」と答えていることから、岸優太さんが小学生のころにはすでに両親が離婚していた可能性があります。

スポンサーリンク

キンプリ岸優太の母親への思い

岸優太さんは父子家庭ではありますが、母親と話すことはあるようです。雑誌インタビューでも母親とのやりとりについて言及していたことがあります。

ただ、母親を「ママ」「母ちゃん」と呼ぶジャニーズタレントが多い中、岸優太さんのインタビューでは終始「母親は~」と表記されており、少し距離感はうかがえます。

どこか母親に複雑な思いを抱えていそうな岸優太さんですが、母親に素直になれなくて口げんかしてしまうことや、空に向かって母親へ直接言えない感謝の言葉を投げかけたい、など赤裸々に明かしています。

また、岸優太さんは毛布にくるまるのが好きなのですが、その理由は「お母さんのおなかの中みたいだから」だそう。岸優太さんは心のどこかで母親の存在を求めているのかもしれませんね…。

なお、岸優太さんの母親の名前は「きよみ」だとされています。岸優太さんは雑誌インタビューで母親を「きよみ」と呼び捨てにしていたこともあり、母親を求めていながらも「きよみ」さんを母親だと認めたくない気持ちもあるのではないかと思われます。

そんな岸優太さんを母親代わりとして支えてくれたのは叔母さんだそうです。岸優太さんは叔母さんを「家族に足りないものを補ってくれる」と尊敬しているとのことです。

スポンサーリンク

キンプリ岸優太の父親の職業・お店は?

父子家庭で育った岸優太さんですが、離れて暮らしている母親のエピソードがある一方、父親についてはわからない点が多いです。

岸優太さんは、「24時間テレビ」でパーソナリティを共に務めたV6の井ノ原快彦さんについて、「感覚的にお父さん」と表現しています。

井ノ原快彦さんの優しい雰囲気や安心感が岸優太さんの父親に似ているそうです。

岸優太さんのお父さんは井ノ原快彦さんのように暖かく優しく、笑顔の素敵な人なのかもしれませんね!

岸優太さんの父親の職業は公表されていませんが、何かお店をやっているという噂があります。岸優太さんを含む3人の子供を育て上げた父親ですから、しっかりとした稼ぎのあるお仕事をしているのは想像に難くないですね。

スポンサーリンク

まとめ

キンプリ岸優太さんの父子家庭での生い立ちや、母親への思い、父親について紹介しました。

岸優太さんは父子家庭で育ちましたが、母親とは連絡を取っているそうです。しかし、その胸のうちで母親に対する複雑な思いが渦巻いているようですね…。

また、父親についてはわからないことも多いですが、井ノ原快彦さんのような優しい父親だということです。

こうした背景が岸優太さんの人間性を育ててくれて、立派にリーダーを務めている原動力なのかもしれませんね。

岸優太さんには一緒に育った兄弟が2人いますので、またの機会に紹介します!

error:
タイトルとURLをコピーしました