【2021】バレンタインはコロナでどうなる?手作りより購入、健康も配慮

バレンタイン コロナ 手作り暮らし

毎年2月14日のバレンタイン。本命、友チョコ、自分用、何を用意しようか毎年お悩みの人は多いですよね。

2021年のバレンタインは、新型コロナの影響もあって例年とは違った様相になりそうです。本格的なコロナ禍では初めてのバレンタインとなるので、相手も自分も思いやってプレゼントを用意したいですね。

今回は2021年のバレンタインを大予測。コロナに対応した新たなバレンタインを楽しんでみましょう!

スポンサーリンク

2021年バレンタインはコロナでどうなる?

例年、バレンタインの季節にはデパートの催事場などでチョコレートの売り出しイベントがありますが、2021年のバレンタインには新型コロナ拡大防止の観点から、こうしたイベントの中止や縮小が考えられます。

毎年非常に混雑するバレンタインの催事では、ソーシャルディスタンスを保つのも難しそうですね。そのため、2021年のバレンタインではオンラインでチョコレートなどのギフトを購入する人が増えそうです。

会場で直接チョコレートを確認できないリスクはありますが、お取り寄せ感覚で遠方の名店のチョコレートや、海外のパティスリーのチョコレートに挑戦するのも良いですね!

実際に、生活者起点のリサーチ&マーケティング支援を行なう「株式会社ネオマーケティング」によってパティシエの方々に対して行われたアンケートでも、すでにオンライン・WEBでの注文が増えているという回答が見られています。

・オンラインでのご注文は増えました。住宅街の路面店なので、ご自宅付近でご購入されるお客さまが増えたように思います。(東京都 D店 シェフショコラティエ)

・ご来店される方よりも、WEBでの購入が増えました。おうちで過ごす時間が増えたこともあり、トライアルのキットのビーントゥバーやタブレット商品を楽しんでくださる方が多く、売り上げ自体も同時期の例年より上がりました。(東京都 M店 ショコラティエ)

https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000178.000003149.html
スポンサーリンク

2021年バレンタインは手作りより購入

お菓子作りが好きな人はバレンタインに手作りチョコやお菓子を渡すという人もいますよね。手作りのチョコは心がこもっていて温かみがある一方、心配なのは衛生面。

2021年のバレンタインでは、コロナへの配慮から手作りではなく市販のものを購入する人が増えることが予想されています。

ただ、おうち時間のお楽しみに、家族で手作りチョコを楽しむというのは増えるかもしれません。衛生面に十分気を付けて、親子でチョコレートづくりにチャレンジしてみるのもいいのではないでしょうか。

スポンサーリンク

2021年バレンタインで注目のチョコは?

生活者起点のリサーチ&マーケティング支援を行なう「株式会社ネオマーケティング」の調査結果や、その他ネット上の情報から、2021年バレンタインで注目されそうなチョコレートについてまとめてみました!

新型コロナの流行によって健康を意識する人が増えた2020年。その流れは2021年も引き続き変わらなさそうです。また、「おうち時間」が増えたことやSNSの隆盛により「映え」を意識したチョコレートも流行しそうですね。

2021コロナ禍のバレンタイン:オーガニック、地元食材など素材にこだわる

2021年のバレンタインでは、オーガニック素材や地元食材の使用といった“素材へのこだわり”を打ち出していくチョコレートメーカーが増えることが予想されています。単純な味やブランドを重視する風潮から、身体や環境へのやさしさを重視する傾向がバレンタインチョコレートにも生まれてきそうです。

実際に明治から発売された「ザ・チョコレート」も世界各地のチョコレートを提供することで、産地によって味が異なることを打ち出し好評を得続けていますね。

2021コロナ禍のバレンタイン:低糖質・低脂質・高カカオで健康に配慮

新型コロナの流行で誰もが見直したとみられる「健康」。チョコレートといえば、砂糖やココアバターなど糖分・脂肪分が多く含まれる食べ物。健康に配慮してチョコレートを楽しめるよう、成分に着目してチョコレートを選ぶ人が増えているそうです。

「ネオマーケティング」のアンケートでは43.3パーセントのショコラティエが、健康に配慮してチョコレートを選んでいる人が増えたと回答しています。

特に、カカオ含有量の高いチョコレートの売上が上がっています。これは高カカオのチョコレートに含まれるポリフェノールの作用を期待してのものでしょう。ポリフェノールには抗酸化作用、血圧低下など健康に良い作用があるとされています。

また、バターや砂糖を使わないことで糖質や脂質を抑えたチョコレートが選ばれており、ダイエット中の人にも優しいチョコレートが登場しています。さらにスーパーフードのカカオニブを含むチョコレートも登場していて、「チョコレート=健康食品」になる日も近そうです。

こうした健康に配慮したチョコレートをバレンタインにプレゼントして、新型コロナを乗り切ってずっと健康で一緒にいてほしいというメッセージを伝えてみるのもいいですね。

2021コロナ禍のバレンタイン:SNS映え・おうち時間を意識

新型コロナの流行により「おうち時間」が増え、SNSの利用時間も増えたことでSNS映えを意識する人が多くなりました。バレンタインのチョコレートも可愛くておしゃれなものが喜ばれそうですね。

SNS映えしそうなチョコレートとして、近年「第三のチョコレート」と銘打ち徐々に広まっているのがルビーチョコレート。特定の種類のカカオを使用することで、ストロベリーチョコとは違った深いピンク色のチョコが作れるようになったのです。

見た目もピンク色でかわいいですし何より美味しそうですようね。

思わず写真をSNSに上げたくなったり、動画を撮りたくなるような魅力的なチョコレートや、パッケージにも注目が集まりそうです。

また、バレンタインに合わせたオンラインでのお菓子作り講習会もネット上で散見されています。バレンタインに一緒にオンライン講習会に参加するのもいい思い出になりそうです。

スポンサーリンク

まとめ

新型コロナに対応しながら過ごすことになりそうな2021年のバレンタイン。このような状況下ならではの「健康」や「SNS映え」などを意識したチョコレートが流行しそうですね。

普段手作りチョコを贈っていた人も、この機会にオンラインで健康に優しいおしゃれなチョコレートを買ってみるのもいいのではないでしょうか。

また、おうち時間を過ごす自分へのプレゼントにもぴったりですね。

error:
タイトルとURLをコピーしました