羽生結弦の身長が高く見えるのはなぜ?体重や大学卒業も調査

羽生結弦 身長 高く見えるスポーツ

フィギュアスケートで日本のトップをひた走る羽生結弦選手。海外ファンからも絶大な人気を誇ります。

そんな羽生結弦選手はリンクに立つととても背が高く見えるときがあります。羽生結弦選手の身長は何センチで、なぜ高く見えるのか気になります。

調べてみると様々な要因が組み合わさって、羽生結弦選手の背が高く見えるようですよ。

今回は、羽生結弦選手の身長が高く見える要因と、細身に見える羽生結弦選手の体重の考察、大学を卒業しているかどうかについて調べました。

スポンサーリンク

羽生結弦の身長は何センチ?

国際スケート連盟の羽生結弦選手のプロフィールでは、身長172㎝とされています。

羽生結弦選手の身長は日本人男性としては平均的といえます。
それにもかかわらず羽生結弦選手の身長が高く見えるのはいくつかの理由があるようです。

スポンサーリンク

羽生結弦の身長が高く見える理由

羽生結弦選手の身長が高く見える理由をひとつひとつ分析してみました。

7頭身でスタイル抜群だから

羽生結弦選手は小顔で脚が長く、細身の体をしています。はかなくもしなやかな力強さを感じさせる完璧なスタイルが、身長が高く見える理由の一つになっています。

よくスタイルの良さを表す基準として7頭身とか8頭身ということがありますが、羽生結弦選手は見事な7頭身スタイル。

しかも羽生結弦選手はとても小顔ですよね。

頭の小ささと体全体の絶妙なバランスが、すらりとした身長が高いイメージをつくっています。

スケート靴の高さがあるから

フィギュアスケートのスケート靴は意外にも高さがかなりあります。

一般的に、ブレード(金属製の部分)の高さが約4㎝、ヒール部分が約3㎝、靴底が約1㎝合計約8㎝となります。

裸足の状態に比べて8㎝高くなるので、リンクの上に立った羽生結弦選手は172㎝プラス8㎝で、見かけの身長が180㎝ほどになります。

180㎝と聞くとやはり「高い!」と感じますよね。

競技に出ている羽生結弦選手をテレビなどで頻繁に見ることで、羽生結弦選手は身長が高いというイメージがもたらされているのだと思います。

他の選手と比較して身長が高い方だから

実は、フィギュアスケート男子には高身長の選手があまりいないのです。

日本の選手でいうと高橋大輔選手が165㎝、宇野昌磨選手は158㎝。
羽生結弦選手と同世代の田中刑事選手は、羽生結弦選手と同じ172㎝です。

またかつて活躍していた本田武史さんや小塚崇彦さん、織田信成さんなども160~170㎝程度でした。

羽生結弦選手は歴代の国内の選手の中でも身長が高い方に入ります。

海外に目を向けると、全米チャンピオンに輝いたネイサン・チェン選手は166㎝。中国のエース金博洋選手が170㎝です。

羽生結弦選手より身長が高いのは、現在ロシアで急成長しているドミトリー・アリエフ選手(173㎝)や、2019年まで羽生結弦選手と同門で活躍したハビエル・フェルナンデスさん(173㎝)など。

国内外の選手と比較して、羽生結弦選手の身長は高いほうなので、より身長が高い印象がついているのではないでしょうか。

20代になってからも身長が伸びているから

2014年、ソチオリンピック当時の羽生結弦選手の身長は、171㎝とされていました。

それから数年間各ホームページで171cmと表記されていたのですが、「羽生結弦選手の身長が伸びたんじゃないか?」という噂が出始め、実際に2018年の平昌オリンピックのホームページでは、身長172㎝と表記されています。

こうしたことから、羽生結弦選手は20代に入ってからも身長が少し伸びているということがわかりました。

たった1㎝の変化でも、身長が伸びた印象を強く受けることはよくありますよね。

スポンサーリンク

羽生結弦の体重は?

羽生結弦選手の体重は、ネット上で調べると53㎏と言われています。

とても細い体形だった羽生結弦選手は平昌オリンピックに向けて肉体改造に取り組み、細身の体はそのままに強靭な脚の筋肉を手に入れました。
平昌オリンピックのホームページでは、体重は57㎏になっています。

しかし、その後宇野昌磨選手やネイサン・チェン選手が羽生結弦選手を上回る成績をおさめるようになりました。

羽生結弦選手は彼らに勝つため、そして誰もまだ跳んでいない4回転アクセルに挑むため、2020年シーズン前に再び肉体改造に取り組んでいます。

これは筋肉をつけるためではなく、高いジャンプを飛ぶために数センチ、数グラム単位でインナーマッスルや体幹を強化し、その分他の筋肉をそぎ落とすというものだそうです。

その結果、羽生結弦選手の体脂肪率は驚異の3パーセントを誇ります。

一度栄冠を手にしても、飽き足らずにより良いパフォーマンスを追求する羽生結弦選手のストイックさに頭が下がる思いです。

スポンサーリンク

羽生結弦は大学卒業している?

ところで、羽生結弦選手は現在20代ですが大学に通っているのでしょうか。

羽生結弦選手は、仙台市の東北高校を卒業後、2013年4月に早稲田大学 人間科学部 情報科学科に入学しました。

練習拠点がカナダにあるので、通学ではなく通信教育課程(eスクール)で学んでいます。

入試はスポーツ推薦かと思いきや、一般入試で合格したということです。
といっても、通信教育課程の入試は志望動機・学習計画書の提出と面接ということです。羽生結弦選手はしっかりした人なので余裕ですね。

ところが多数の競技会や4回転アクセルの練習のため多忙なうえ、大学の課題もとても多いということで、羽生結弦選手は4年間で卒業はできていません。

除籍となるリミットは2021年3月で、大学卒業まで継続すべきかコーチや両親と相談しながら進めているというニュースもありました。

しかし、新型コロナの影響でほとんどの競技会やショーが中止になったこともあってか、羽生結弦選手は2020年9月末で早稲田大学を卒業することができました。

羽生結弦選手の卒論の内容は、フィギュアスケートでのモーションキャプチャー技術の活用についてだそうです。

大学を卒業し、これからはスケートに集中できますね。

スポンサーリンク

まとめ

羽生結弦選手の身長が高く見える理由などについて紹介しました。

絶妙な体のバランスとスタイルの良さのほか、スケート靴の高さが大きな要因になっていますね。

また、他の選手と比較して身長が高いほうだというのもわかりました。

error:
タイトルとURLをコピーしました