冷房の温度はなぜ28℃が推奨されてるの?涼しくする方法や電気代を調べてみた

暮らし

みなさんはエアコン冷房の温度設定を何度にしていますか?
冷房の温度設定は、28℃にするべきと広く推奨されていますが、暑いと感じる人もいると思います。

今回は、冷房の温度を28℃にするべきと言われている根拠や、温度が高くても快適にすごすための工夫、電気代への影響を調べてみました。

スポンサーリンク

なぜ冷房の温度設定28℃が推奨されているの?

暑い夏にはついつい低くしてしまいがちなエアコンの冷房の温度ですが、世間的には「28℃」に設定するのを推奨されていますね。

なぜ、28℃が推奨されているのでしょうか。
それには、いくつかの理由があります。

クールビズ推進

環境省は平成17年(2005年)からクールビズを推奨しています。
地球温暖化対策のため、夏の間は軽装をし室温を28℃に保ちましょうという運動です。

ただし、このクールビズで推奨されている「28℃」というのは、“室温”を“28℃を目安に”保ちましょうという意味です。

例えば、窓から強い日差しが入る、あるいは常に換気が必要などの建物の状況によって、冷房の温度を28℃に設定しても必ずしも室温が28℃にならない場合は多々あります。

また、室内にいる人の体調を考慮して、冷やしすぎない・暑すぎないように室温を管理する取り組みをしてください、という意味合いでもあります。

「クールビズ」で呼び掛けている「室温28℃」は冷房の設定温度のことではありません。

https://ondankataisaku.env.go.jp/coolchoice/coolbiz/article/action_detail_004.html

この28℃という数字が独り歩きして、冷房の温度を28℃にするよう推奨されていると思われているのです。

ちなみに、クールビズで室温を28℃にするという目安が設けられた背景として、
・建築物における衛生的環境の確保に関する法律施行令
・事務所衛生基準規則(労働安全衛生法における規則)

この2つの法律で定められた室温設定の範囲が17℃~28℃であることに基づいていると環境省は説明しています。

要するに、人が建物で快適に過ごしたり、仕事をするのに適した温度の上限が28℃であると、国は考えているのですね。

災害後の節電への注目

2011年の東日本大震災が起きた際、各地で輪番停電が行われたこともあり、全国的に節電の意識が高まりました。

夏の外気温に対して、エアコンの冷房温度を下げれば下げるほど、エアコンのエネルギー効率は悪くなります。

そこで、冷房でひんやりと感じる温度よりやや高い28℃でエアコンの冷房を設定する人も増えたと考えられます。

スポンサーリンク

冷房の温度設定28℃でより快適にすごす方法は?

28℃という温度が推奨されているとはいえ、「28℃じゃちょっと暑いよ…」と感じる人も多くいると思います。

暑さの感じ方が人それぞれであるのもありますが、同じ室内でも状況によって暑さの感じ方は違います。

・日差しが強く差し込んでいる
・湿度が高すぎる
・暑い屋外から帰ってきたばかり

そんな時に、冷房を28℃に設定してもすぐに涼しいと感じられないことがほとんどではないでしょうか。

そこで、冷房の効率を上げて、28℃でもより涼しく感じられる方法をいくつか紹介します。

日差しを遮る

直射日光や西日が強く差し込んでいるときはカーテンやブラインドを閉めましょう
熱源になる日差しを遮ることが一番です。

湿度を下げてから冷房する

いきなり28℃で運転する前に、除湿器をつけたりエアコンの除湿運転をして、湿度を下げてから冷房をつけます。

湿度が高いと、汗が蒸発しにくくなり身体が冷えにくくなるので、暑く感じるのです。

換気扇をつける 

☆超おススメ
換気扇を回すことで室内の空気を循環させて、熱気を外に排出しながら部屋の隅々まで冷房の冷気をいきわたらせることができます。

空気の循環には扇風機やサーキュレーターを使う方法もありますが、換気扇のほうが熱気を屋外に排出できる点で強力ですし、お金もかからないためおすすめです。

特に今年(2020年)は新型コロナウイルス感染拡大の予防の観点からも、換気が重要視されていますのでぜひ行ってほしいと思います。

部屋が十分冷えたら、換気扇が冷気を排出し始める前にオフにするのがいいですね。

その他

基本中の基本ではありますが
・エアコンのフィルターを掃除する
・室外機の周りに物を置かない、吹き出し口をふさがない
・エアコンの風を水平にし、部屋全体に冷気が下りるようにする

といった方法も、冷房効率を高める点で効果的です。

スポンサーリンク

冷房の温度設定28℃で電気代はどう変わるの?

冷房の温度を28℃にした場合と、それ以下の温度にした場合ではどのくらい電気代が違うと思いますか?

経済産業省によると、冷房の設定温度を27℃から28℃に1℃高くするだけで、年間30.24kWhの省エネ・約820円節約できるとのことです。
(外気温:31℃、エアコンの運転能力2.2kWで1日9時間使用した場合)

もし冷房の温度をもっと低く、26℃や25℃に設定していた人が、28℃に変えたら…もっと節約することができそうですね。

(出典:https://www.enecho.meti.go.jp/category/saving_and_new/saving/general/more/img/home-ecology.pdf)

スポンサーリンク

まとめ

冷房の温度を28℃にすることが推奨されている理由を調べてみました。
28℃にすることで、電気代節約しつつ、効率よく冷房が効くように工夫をして快適に過ごしていきたいですね。

どうしても暑いときは無理をせず、でも冷やしすぎにも注意してくださいね。

暮らし
スポンサーリンク
あいりすをフォローする
スポンサーリンク
IRIS LOG

コメント

error:
タイトルとURLをコピーしました