JO1金城碧海の適応障害とは?活動休止原因やファンの反応も

K-POP・韓流
記事内に広告が含まれています。

今回は、人気グローバルボーイズグループ・JO1のメンバーである金城碧海さんが適応障害と診断され、一時的に活動を休止することが発表されたことについてお伝えします。

金城碧海さんが診断された適応障害とは何でしょうか?

どんな原因や症状で適応障害になったのか気になりますよね。

また、ファンの反応についてもまとめてみました。

スポンサーリンク

金城碧海の適応障害とは?

2021年10月9日、JO1の公式サイトにて、金城碧海さんが適応障害と診断されたことが報告されました。

適応障害とは、ある特定の状況や出来事がその人にとってつらく耐え難く感じられ、気分や行動面に症状が表れるものです。

仕事や学業などの社会的機能が大きく阻害されている状態で、憂鬱な気分や不安感が強くなるため、過剰に心配したり、神経が過敏になったりすることがあります。

学校・職場環境や人間関係など、日常生活で起こりうるストレスが誘因となることが多いです。

金城碧海さんは、今後担当医師の指示に従い治療に専念する予定で、JO1の活動は金城碧海さんが復帰するまでの間は10人で行っていくことになりました。

ファンや関係者に対しては、「ご心配をお掛けいたしますが、何卒ご理解いただけますようお願いいたします」と呼びかけました。

スポンサーリンク

金城碧海の適応障害の原因は?

金城碧海さんが適応障害になった原因については、公式サイトでは明らかにされていません。

しかし、金城碧海さんはこれまでにも何度か炎上騒動を起こしており、その影響で精神的な負担がかかっていた可能性が考えられます。

例えば、

  • 2020年1月頃、未成年だった金城碧海さんが飲酒している写真がSNS上で拡散されたこと 。
  • 2020年3月にJO1としてメジャーデビューした直後に未成年飲酒事件が週刊誌で報じられたこと 。
  • 2021年4月にクラッシュロワイヤルというゲーム内で特定のファンと個別に交流していたことが発覚したこと 。

これらの事件では、ファンや世間からの批判や誹謗中傷が相次ぎ、金城碧海さんは謝罪文を発表したり、イベントを欠席したりするなどの対応を余儀なくされました。

また、金城碧海さんは2019年に「PRODUCE 101 JAPAN」というオーディション番組に参加し、2020年にJO1のメンバーとしてメジャーデビューを果たしました。

そのため、今までとは全く違う生活や環境に慣れることができず、ストレスが溜まっていた可能性もあります。

スポンサーリンク

金城碧海の適応障害へファンの反応は?

金城碧海さんの活動休止の発表に対して、ファンからはさまざまな反応が寄せられました。

中には、金城碧海さんを責めたり、過去の騒動を持ち出したりする声もありましたが、多くのファンは金城碧海さんを応援し、回復を祈るコメントを残しました。

Twitterでは、「#空は繋がっとんねん」というハッシュタグがトレンド入りしました。

これは、金城碧海さんが「空」というニックネームで呼ばれていることに由来し、「空は繋がっている」という意味で、ファン同士や金城碧海さんとの絆を表現したものです。

以下は、Twitter上で見つけたファンのコメントの一部です。

  • 空くん。お大事にしてください。心配です。でも無理しないでください。待ってます。#空は繋がっとんねん
  • 空くんのこと大好きだよ。辛いことがあったら話してね。私たちはいつでも空くんの味方だよ。早く元気になってね。#空は繋がっとんねん
  • 空くん、心配しないでね。私たちは空くんのことを信じてるよ。空くんが笑顔で戻ってくる日まで待ってるよ。空くんの幸せを願ってるよ。#空は繋がっとんねん
  • 空くん、お大事にね。自分のペースで治療してね。無理しないでね。私たちは空くんのことを忘れないよ。空くんが好きだよ。#空は繋がっとんねん

金城碧海さんの活動休止に伴い、JO1の活動にも様々な影響が出ましたが、ファンからは、「空くんが参加できるように祈ってる」「空くんがいないと寂しいけど仕方ない」「空くんの健康が一番大事」と励ましの声が相次ぎました。