父の日に贈るとよい花の種類!おすすめの花の種類・色一覧

暮らし

毎年6月の第3日曜日は父の日です。
母の日に贈る花は何?と聞かれたら、ほとんどの方がすぐに「カーネーション」が浮かぶと思います。
それでは、父の日に贈る花は何?と聞かれたら、あなたは何の花を答えますか?

なかなか思い浮かばない人も多いと思いますが、ネクタイやお酒などと一緒にお花を贈るのも素敵ですね。

どんなお花が適しているのか紹介します!

スポンサーリンク

父の日におすすめの花の種類

父の日に贈る花は、バラの花とされています。

父の日の提唱者であるソナラという人物が、父親の墓前に白いバラを供えたことにに由来しています。

父の日に贈るバラの花の色は?

存命の父親には赤いバラを、亡くなった父親には白いバラを贈るといわれています。
母の日のカーネーションと同じですね。

しかし、「父の日のバラの色は黄色じゃないの?」と思う方も多いと思います。

では、なぜ黄色いバラが定着したのでしょう。

イギリスには、昔から黄色いものを身に着けて身を守るという言い伝えがあり、その考えがアメリカに渡り、愛する人の戦場での無事と帰還を願う黄色いリボンとなりました。

戦場へ向かうお父さんの無事を願う象徴だったんですね。

また、日本には、1981年に設立された日本ファーザーズ・デイ委員会が設けた「父の日黄色いリボンキャンペーン」があります。ベストファーザー賞もこのキャンペーンの一環です。

「父の日黄色いリボンキャンペーン」では、幸せや幸福の象徴である黄色を、父の日のイメージカラーとしています。

このことから、父の日に贈るバラの花の色も黄色が定着したといわれています。

スポンサーリンク

父の日に贈る人気の花の種類・色について

父の日の花として、バラをはじめ、様々な種類の花が贈られているようです。父の日に人気の花の種類と色をまとめました!

父の日に人気の花①バラ

父の日の花として最も人気のあるバラ。
父の日の贈り物として人気の色は、白と黄色です。

ただし、黄色のバラの花ことばには、嫉妬や別れなど父の日の贈り物に適さない言葉もあるので、黄色のバラを贈るときは、できれば黄色だけでなく、他の色を組み合わせて贈るのがよいでしょう!

父の日におすすめのバラの花の色と花言葉

 赤…愛情、情熱
 黄…献身 ※嫉妬、薄れゆく愛、別れましょう なども
 白…純潔、素朴、心からの尊敬、約束を守る
 オレンジ…信頼、絆
 ピンク…上品、輝かしい
 紫…誇り、尊敬

父の日に人気の花②ヒマワリ

バラに次いで人気の花がヒマワリです。
父の日の色である「黄色」はもちろん、ヒマワリのもつ元気さ、希望といった明るいイメージが、お父さんのイメージと重なりますね!

父の日に人気の花③ユリ

ユリの花の立派なたたずまい、またバラとは違った雰囲気のユリの香りが人気です。

ただし、もしかしたらユリの花の香りが苦手なお父さんもいらっしゃるかもしれませんね。

ユリの花を父の日にプレゼントしたいときは、事前にお父さんに香りが平気か確認するのがいいかもしれません。

父の日に人気の花④ラン

ランの花の種類は日本にあるだけでも230種ありますが、胡蝶蘭、シンビジウム、カトレアあたりがメジャーです。

色も白や紫、ピンク、黄色など様々な種類のランがあります。

父の日に限らず贈り物の定番であるランの花ですが、育てるのが難しいところもあります。

ランの花自体もとても立派で華やかですし、花が咲き終わった後も、難しいですがきちんと管理すればまた花を咲かせてくれたり、株分けすることができます。

生き物や植物が好きなお父さんや、オタク気質のお父さんにぴったりの花かもしれませんね!

スポンサーリンク

まとめ

いかがでしたか?父の日に贈るのに適したお花には様々な種類と色がありますね。

お花屋さんに行って、この記事を参考にお父さんにぴったりのイメージのお花を探してみてくれるとうれしいです。

暮らし
スポンサーリンク
あいりすをフォローする
スポンサーリンク
IRIS LOG

コメント

error:
タイトルとURLをコピーしました